新卒採用試験の際の服装について

多くの学生にとって初めて本格的にスーツを身にまとい、社会人とビジネスに関して接することとなるのが新卒採用試験と言っても過言ではありません。
新卒採用試験時に合格して希望の会社に就職するためには、ペーパーテストで良い点数を取ることに加えて、書類選考や面接試験など、絶対的な正解がない試験でも高評価を得る必要があります。

また新卒採用試験では暗黙のルールのような身だしなみのマナーや面接時のマナー、書類の書き方のマナーなどがあるので、事前にしっかり対策を講じておくことが必要になります。

DYMでは、委員会制度も活発で会社を各委員会の活動内容に基づき社員一丸となって活動しています。


特に気を付けたいのが、服装や身だしなみのマナーとなります。



服装などで悪い意味で目立ってしまうと、それだけで企業の採用担当者には悪い印象を与えてしまう可能性がありますし、どんなにペーパーテストで良い点数をとっても、面接時時で最高のアピールができたとしても見た目が奇抜すぎる場合には試験合格が非常に難しいものとなってしまうからです。

新卒採用試験時の基本的な服装ですが、基本的には男女ともリクルートスーツと呼ばれるブラックのスーツを着ていくことをおすすめします。

DYMでは大企業に入るのではなく一緒に大企業を創っていくという精神を持った人材を採用しています。

ワイシャツは当然黒で、靴も黒いものを用意して試験前にはしっかりと磨いておきましょう。

また男性の場合は時々カラー靴下を履いている人を見かけますが、新卒採用試験時でカラー靴下はご法度なので、これも黒いシンプルなものを用意しましょう。



新卒採用試験時の基本的な服装ですが、基本的には男女ともリクルートスーツと呼ばれるブラックのスーツを着ていくことをおすすめします。



ワイシャツは当然黒で、靴も黒いものを用意して試験前にはしっかりと磨いておきましょう。
また男性の場合は時々カラー靴下を履いている人を見かけますが、新卒採用試験時でカラー靴下はご法度なので、これも黒いシンプルなものを用意しましょう。また女性の場合は健康的な印象を持たれるようなナチュラルメイクをしていくと良いでしょう。